投資初心者が始めた日本高配当ETFの評価損益【2022年5月|2か月】

投資の結果

円安が続く中で私が購入した日本国内の高配当ETFについて5月の評価損益を公開したいと思います。購入してからもうすぐ2か月が経過します。2か月経過時の評価損益を公開しようと思います。配当金がメインの目的ですが今後どのように推移していくのかを定期的に公開していきたいと思います。

私個人が調べた内容や個人の感想のため正確性に欠ける可能性があります。投資を始める際には当サイトの内容をうのみにせず、ご自身で調べ直すようにお願いします。

スポンサーリンク

投資初心者が始めた日本高配当ETFの評価損益【2022年5月|2か月】

5月日本株式市場
  • いったんは相場が上昇
  • その後はなかなか値上がりしない状態
  • USドル/円レートは円安傾向のまま

日本の株式市場はいったん相場が上昇したあとは、それ以上になかなか値上がりしない状態が続いていました。

また、USドル/円の相場は米国の長期金利が上がり日米の金利差が拡大したことなどから128円台となりました。

日本国内の高配当ETFについて、おすすめ銘柄の配当金や利回りを比較した詳細はこちらになります▼

MAXIS高配当70MN (1499)

MAXIS高配当70MN (1499)購入時情報
2022年4月購入時点

MAXIS日本株高配当70マーケットニュートラル上場投信(1499)は、国内の70になる高配当銘柄に分散投資されているETFとなります。分配金は4回/年となります。

MAXIS高配当70MN (1499)2022年5月チャート
TradingView提供のチャート

MAXIS高配当70MN (1499)はあまり取引が活発に行われていないため、グラフが他に比べて動いていないことがわかります。それでも5月中は緩やかに右肩上がりで推移してくれていました。

MAXIS高配当70MN (1499)2022年5月評価損益

6/7時点では +736円 とプラスで6月を迎えています。

MAXIS高配当70MN (1499)の詳細についてはこちらになります▼

スポンサーリンク

ISMSCI高配当ETF (1478)

ISMSCI高配当ETF (1478)購入時情報
2022年4月購入時点
ISMSCI高配当ETF (1478)2022年5月チャート
TradingView提供のチャート

ISMSCI高配当ETF (1478)は不動産関連を除く国内の大・中型株を対象とした高配当優良株のみの国内50以下の銘柄で構成されたETFです。分配金は2回/年となります。

ISMSCI高配当ETF (1478)2022年5月評価損益

ISMSCI高配当ETF (1478)は上旬に上昇しましたが急落してしまいました。中旬以降は徐々に上昇していき上旬の値段まで回復しました。

6/7時点では +715円 とプラスで6月を迎えています。

ISMSCI高配当ETF (1478)の詳細についてはこちらになります▼

Iシェアーズ・コアJリート (1476)

Iシェアーズ・コアJリート (1476)購入時情報
2022年4月購入時点
Iシェアーズ・コアJリート (1476)2022年5月チャート
TradingView提供のチャート

Jリート(不動産投資信託)の全銘柄を対象とした東証REIT指数への連動を目指すETFです。分配金は4回/年となります。

Iシェアーズ・コアJリート (1476)2022年5月評価損益

上旬に急落した以降は緩やかに回復していきました。

6/7時点では +70円 とプラスで6月を迎えています。

Iシェアーズ・コアJリート (1476)の詳細についてはこちらになります▼

スポンサーリンク

まとめ

まとめ
本日のまとめ
  • 5月はトータル 1,521 円のプラス
  • どれも中盤以降は緩やかに上昇して上旬と同水準まで回復

5月中は全体的に上旬に下落して下旬にかけて下落前の水準まで回復していくような動きとなりました。日本国内高配当ETFは配当金が目当てであるため正直、評価額の値動きはあまり気にしていませんでした。

私としては資金に余裕があれば買い足していきたいところですが、今年中は車のローンがありボーナスから少しずつ買い足せればいいかなと考えています。

私が保有する中で多いものは年4回の配当金がありますので、配当金が受けとった際には感想と合わせて公開していこうと思います。

2022年6月日本高配当ETFの評価損益については「投資初心者が始めた日本高配当ETFの評価損益【2022年6月|3か月】」になります。

投資の初心者に始め方を完全解説したページはこちらになります▼

投資はリスクを伴う行為であり、リスクを十分に理解して自分の判断で決めましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました